2019/05/13 19:50

こんにちは。


FAN 引間です。


ニットブランド”YASHIKI”を手掛けるデザイナー矢鋪彩義氏が


洋服と和装をMIXし、パンツに特化させたブランド「SAYATOMO」


近代化とともに日本にやってきた洋服に着目し、


当時、好まれていた礼装をベースに和装の要素も取り入れ、


「和魂洋才」なパンツを提案しています。


そんなSAYATOMOの19SSより、こちらのご紹介。



Karusan Denim Pants ¥24,500+Tax


タキシードパンツのような礼装のスラックスをベースに、


ワタリの広い袴の一種である軽衫をMIXしたデニムパンツです。


ワイドながらも裾にかけて緩やかにかかったテーパード。


タックインした際も綺麗に見えるように


帯をイメージしたウエストのデザインなど


スラックスの中に程よく和のテイストが加わったデザインが特徴的です。




そして、なんと言っても


スラックスベースのシルエットにデニム素材という汎用性の高さ。


デニムというカジュアルな生地感にして、


程よく品のいいスラックスシルエット。


ワイドなボリューム感もこれからの薄着になる季節、


シャツやTシャツに合わせたバランス感が丁度いいです。





Shirt Kudos ¥23,000+Tax
Long Sleeve Tee O- ¥14,000+Tax
Shoes MIDORIKAWA RYO ¥58,000+Tax

綿麻のシャリ感のある生地も涼しげな印象です。


クローゼットに一本あるだけで、安心感のある一本。


「困ったらこれ穿いとこう」的なやつです。


ぜひ、お試しください。