2019/05/12 22:51


VINTAGEのLEVI'Sが大量に入荷しました。

VINTAGEでなければいけない理由はひとつもないのですが
やはり忘れてはいけないファッションとしてのVINTAGEは
カッコよさを司るひとつのファクターとして未来永劫存在し続けます。
これは確定。多分。

そしてなぜかっこいいかってのを少しでもお伝えできればな、と思います。
ひとつは
前述のようにファッションという、あえてカルチャーと言いましょう。
そのカルチャーにおいて
絶対に無視してはいけないものです。
デザイナー等今活躍している作り手たちのほとんどは
基本的に絶対に古着やVINTAGEなどをジーンズだろうがミリタリーだろうがなにかしら通ってきています。
古着とは膨大なアーカイブであり、
例えるなら
膨大な書籍を抱える図書館の中からお気に入りを見つける感覚です。
めちゃくちゃ通ってる漫画喫茶でもいい。

それを「分かっている」というのは大きくかっこよさに比例します。
男のファッションとは残念ながらそういうものです。

例えばHIPHOPが好きな人がいて
自分もこれからHIPHOPを聴いていきたいと思った時に
ヒットチャートのなんちゃってHIPHOP系のみを好きな人から教えてもらった曲やアーティストより
なんだか何言っているかよくわかんねーくらい詳しい人から教えてもらった曲とかアーティストの方が
圧倒的にかっこよく見えたり、曲自体もかっこよく聴こえたりするもんです。
それが男です。

そして
もうひとつは同じような話になりますが
LEVI'Sというものは古着というカテゴリーの中でも
本当に教科書なんです。
いわゆるベーシックというよりもクラシック。
永遠の定番なんです。

例えば最近で言えば人気ラッパー「Lil Yachty」の件
Lil Yachtyがラジオでクラシックを冒涜しているという件でTwitterが炎上したりした。
発言はこう「2 PacとNotorious B.I.G.の曲を5曲も知らない」と言った。
要はクラシックというのはその道その道で必ず存在して
自分の中で咀嚼、解釈し、血とし骨とし、または表皮にして然るべきものなのである。
それが本当に男というものだと思う。

めんどくさいし、真に天賦の才を持つものには関係ないかもしれないし、足枷に感じるかもしれない。
ただ、絶対に理解したうえでそれを超えていく方が何倍もかっこよく見えるものである。
それは絶対的な事実だと思う。

そしてもうひとつは誰とも被らないということ。
まったく同じ個体は基本的に存在しない。
その中でもNo.1でありOnly 1なのが古着・VINTAGEの世界では「LEVI'S」なのです。
まさに原点にして頂点。好き嫌いは別として。

FANを通して
少しでもそれに触れてくれればこれ幸い。
ではどうぞ。

f:id:hynm_mori:20190512224814j:plainfanharajuku.thebase.in

f:id:hynm_mori:20190512224854j:plain

fanharajuku.thebase.in

f:id:hynm_mori:20190512224919j:plain

fanharajuku.thebase.in

f:id:hynm_mori:20190512225010j:plain

fanharajuku.thebase.in

他にも8本あります。

とりあえずWEB STOREにもアップ致しました。

見るだけでも是非見てみてください。


というわけで

かっこよくなりたいってのは
イケてる女を自分のものにしてーってくらい自然なことです。

そんで、おしゃれってのは
色合わせがうまいとか、自分の体型に合うものを選べるとかは
1番重要な要素にはなんないんすよ
マナーわきまえルールぶっ壊す、です。
これが本質です。
それがおしゃれという形容の中にかっけーってのを含む人がやってることです。

俺もがんばろ。
それでは皆様のご来店を心よりお待ちしております。

はじめでした。