2019/03/16 20:45

こんにちは。


FAN 引間です。


今シーズンのkudosのテーマ 「ブループリント(進行される設計図)」


図形や記号などを取り入れた絵画様式を確立し、建築など立体作品を多く残した


美術家 荒川修作氏の体験型アート作品「養老天命反転地」をデザイナーが訪れた経験から


インスピレーションを受け制作されたコレクションです。



「一方向から見たものが全てではない」という発想から


設計図(ブループリント)というテーマで複雑なパターン且つ、計算されたデザインのアイテムが並びます。


そんな kudos 19SSコレクションから今回はこちらをご紹介したいと思います。







光沢感があり、滑らかな肌触りの生地を使った2色の切り替えが特徴的なアノラックです。

光の当たる方向や見る角度で微妙に色味が変わって見えます。

どこか懐かしい国旗グラフィックに立体的なワッペン。

白ステッチが服のパターンを視覚的に協調させています。

フロントポケットは二重構造で、収納力もしっかりと確保。



首回りに嫌なもたつきがなく、

ハーフジップで調節して中にフーディなんか着ても調子いいです。

昼と夜の気温差の激しい今くらいの季節はぴったりです。

コレクションテーマの意味やインスピレーションの元ネタの美術家の思いに

想像を巡らせながら着ることができたら最高だと思います。


完売していたグレーも再入荷しています。

是非、チェックしてみてください。