2019/01/16 13:38

ANATOMICA LAST SALE!!!

ALL 30% OFF!!!

「全ては過去の産物である。終わりがあれば始まりがある。」

その概念こそがANATOMICA。

よって、復刻とは全く違う価値観でサルベージを行っております。

1994年、パリ4区のBourg-Tibourgに「ANATOMICA PARIS」は

デザイナー『ピエール』の手により開店した。

店名の源は古くはギリシャ語のANATOME、ラテン語のANATOMIAから

ピエール自身により創造された言葉です。


プロダクトに見られる圧倒的自信。

それは、さらなる圧倒的な根拠に基づき織り成されています。


それは和洋折衷の歴史から紐解いた技法の数々です。

そして新しいものも取り入れる柔軟な姿勢は

JAPAN MADEアティチュードです。

それが、『ANATOMICA』というブランド。


普段はSALEにかかる機会があまりないブランド

FANから感謝の気持ちを込めたSALEオファーです。




ROYAL MARINE PANTS
¥30240→¥21168
イギリスのロイヤルネイビーが使用していた
VINTAGEからインスパイアされた
クラシックな2タックパンツ。

股上も非常に深い太めのストレートで
特に生地の染色が非常に秀逸。
紫がかった濃紺ボディは穿きこむことにより
VINTAGEのそれと同じような
「ナス紺」へと色を変化させます。
MADE IN JAPANのハイクオリティパンツです。




MEN'S CHINO Ⅱ
¥25920→¥18144
ANATOMICAが最も得意とする
アメリカンVINTAGEのブラッシュアップ。


VINTAGEのARMY CHINOをベースに
シルエットは1960年代、
ディテールは1940年代にアメリカ軍に支給されていた
チノトラウザースがベースとなった唯一無二のCHINOⅡ。
高密度でコシがあり、
光沢感のある上質なVINTAGEにはない
オリジナルのチノクロスを使用 
太すぎず何とでも相性の良いシルエットです。
フロントはボタンフライのMADE IN JAPAN。



618 本藍 DENIM
¥43200→¥30240
流行は傾き、
またパンツは色濃く、そして細身へと移行しつつあります。
インディゴとは似て非なる『本藍染め』を施した
ANATOMICAのアイデンティティ的アイテム。


この藍染の"618"は今や日本全国で当店のみの取り扱いです。
通常のデニムとはまったく違う
発色と。その色落ちを楽しんでください。




そして大本命。
ANATOMICAが誇る定番アウター
SINGLE RAGLAN Ⅱ SP GABA COAT
¥172800→¥120960
非常に密度の高いウールツイード生地は
名だたるメゾンが使用するような
高級生地であり、
抜群の保温性があり
見た目以上に温かいコート。



しかもリバーシブル仕様で
裏地にはこちらも超高密度なコットンクロスを装備し
驚くべき撥水性を発揮します。
なので雨天時には裏返し着用することにより
シェルジャケットのような用途にも
十分に使用できるユーティリティな一着。
非常に品のある
上質なスペシャルアウター。

特にブラックカラーはANATOMICAで初めての試みで
発売されたことの無い色です。
しかも米国『ハリスツイード』社のツイード生地をしようしています。



ZIP UP SWEAT PARKA
¥24840→¥17388
そろそろフルジップパーカーが着たい。
そしたらこんなずっと着れる一着が良いと思います。
アメリカ東海岸で編まれた特注の3層構造の13.8oz
裏起毛スウェット生地を使用した
ANATOMICAクラシック。
40年代のVINTAGEディテールである
フリーダムスリーブにより
シルエットが非常に綺麗な一着です。
縫い目にもこだわりがあり
フラットシーマ製法という縫製を施し
インナーとしての着用時に
アウター裏地にひっかかることが無く
ストレスフリーなのも魅力。

VINTAGEを踏襲しつつも
ダブルジップを採用した大きな引手は
着脱の際非常に快適。
MADE IN USA。



WEEKEND SHIRT
¥28080→¥19656
フランスの芸術家であるジャン・コクトー
詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、
画家、映画監督、脚本家としての活動も行っており、
その多彩さから「芸術のデパート」とまで呼ばれたジャン・コクトー。

そのジャンが仕立て屋に作らせて
愛用していたという逸話を持つシャツがデザインソース。
身幅のたっぷりしたシルエットに
袖元の特徴的なデザインカフスの
ボックスシルエットです。
まさにANATOMICAらしいシャツ。


是非この機会に
『クラシック』を手に入れていください。