2018/03/23 12:00

LOGJAAAAAAAAACK!!

 

さてさて

本日も昨日のLOGJACK

fanharajuku.thebase.in

に引き続き

 

「ALMOSTBLACK」

 

その一端をまた、覗いてください。

 

 

f:id:hynm_mori:20171219131207j:plain

アバンギャルド

もはやその言葉ですら陳腐なのかもしれないなぁ、、

 

COAT    ¥180,000 with out tax

Shirt      ¥32,000 with out tax

PANTS  ¥38,000 with out tax

 

このコート

実は

f:id:hynm_mori:20171219131505j:plain

f:id:hynm_mori:20171219131510j:plain

f:id:hynm_mori:20171219131520j:plain

ジップを全て閉じるとチェスターコート

チェスターコートと言っても、

素材はよく高級テーラードジャケットに用いられるような

軽い生地感なので春にぴったりな軽めのチェスターです。

 

f:id:hynm_mori:20171219131538j:plain

f:id:hynm_mori:20171219131543j:plain

コムデギャルソンを筆頭に

アバンギャルド、もっと言うと印象派なプロダクツを

世に送り出してきたブランドや

過去のファッション業界へのオマージュが込められた一着

ジッパー一つとっても非常にこだわりを持って選ばれ

そして今このコートに備え付けられています。

 

f:id:hynm_mori:20171219131208j:plain

ジッパーの裏側に隠されている生地たちが

表に見えるようになれば

f:id:hynm_mori:20171219131221j:plain

世界観をアウトするスピーカーになります。

f:id:hynm_mori:20171219131227j:plain

例えばここまでジップを解放しなくとも

ある部分だけ閉めたり

もしくは途中まで半分ジップを閉めたり

f:id:hynm_mori:20171219131237j:plain

代わる代わるその姿を変えていきます。

f:id:hynm_mori:20171219131243j:plain

メンズの既製服で

ここまで一着に布が多く使われているのを見たのは初めてです。

と、いうことはですよ

f:id:hynm_mori:20171219131251j:plain

非常に科学的に、膨大な知識の中から形作られているということです。

なんとなくじゃ絶対に作れないんですよこういう服って、

理論がなきゃどこかでこじれる。

人が着れるものにならないんですよ普通

でもALMOSTはやってのける。

圧倒的な服飾的実力があるから

隠れた布たちが表に出てきた時に

美しいシルエットになるんです。

 

マジですごい。

fanharajuku.thebase.in

是非詳細をご覧になってみてください。

 

 

そして中に着たシャツ

f:id:hynm_mori:20171219130501j:plain

打って変わってシンプルなシャツ

こいつはギミックではなく

純粋に形が要になっているシャツです。

f:id:hynm_mori:20171219130514j:plain

ふわっとした裾にかけて広がるライン

そしてなんと言っても生地感が半端じゃない

f:id:hynm_mori:20171219130532j:plain

シャツはそもそも洋服の歴史上「肌着」という言葉の概念が一番最初に根付いた

アイテムであり、パジャマなどを筆頭に直接肌に触れることを念頭に

作られるべきものなのでシャツは「生地」というものが

他の洋服以上に求められてきた歴史があります。

シャツの出来の半分は生地、そして半分は仕立てです。

他のアイテムに比べ生地の良し悪しが完成品の出来・不出来を

決めるのに占める比重が大きいです。

ではシャツの生地は何が良いの?ってなるじゃないすか

大きくは

・柔らかさ
・しっとり感
・自然な光沢
・耐久性
・毛羽立ちにくい

かと思います。

これを突き詰めると生地を織る上でいかに細く長い糸を

使うかということが重要になってきます。

 

そしてもちろんそうなると化学繊維はほとんど使いません。

ポリエステルみたいなものは細く丈夫ですけど

毛羽立ち、玉になりやすい、

コットンであることが求められてきます。

 

f:id:hynm_mori:20171219130549j:plain

このシャツはもちろんコットン100%

けれどその繊細な生地が放つ光沢はまるで化学繊維に見えるような存在感のある生地を使用しています。

僕はサンローランとプラダ、あとはラルフローレンのパープルレーベル。

その3ブランドでこのようなルックスと手触りの生地を経験したことがあります。

こいつはそのレベルにある生地だということです。

 

細い糸で作られることが柔らかさと光沢を生み

ただ耐久性を落とさない、これが大変な訳で

通常のよくあるシャツは50番手(糸の太さを表す用語。数字が高いほどに細い)から60番手くらいが多く、高級な生地では倍以上の細さである100番手、120番手、それに300番手みたいな細い糸で織り成された生地があります。

当然技術もいる生地なので高値なのはいうまでもありません。

 

f:id:hynm_mori:20171219130558j:plain

あえていうとこのシャツこのクオリティーに対して値段が安いと思います。

それくらい高級プレタポルテで使われる生地を使っています。

プラスで今までになかったボタンダウンシャツになっています。

ALMOSTBLACKは一見派手に見えてしまうかもしれません。

つーか派手なものも多いです笑

けど、大人が着るものとしてのクオリティーも充分に備わっています。

このシャツは幅い層に着てもらえる一枚担っていると思います。

fanharajuku.thebase.in

是非詳細をご覧ください。

 

パンツは昨日ご紹介したものと同じなので割愛、

FAN LOG JACK 〜ALMOSTBLACK 18SS〜 | fanharajuku

↑おひまあれば昨日のブログも是非合わせてご覧ください。

 

それでは本日も皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

FAN

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102

03-6447-4566

OPEN TO CLOSE 12:00~20:00